Hugo 構築 /

Build Site by Hugo


静的サイトジェネレータHugoとGitHub Pagesでブログを公開する方法についてまとめました。

Jekyllに対するHugoの優位点の続きです。

私の環境は以下のようなものです。

HugoとGitHub Pagesでブログサイトを作成するためには、まずGitHub Pagesの概要について知っておく必要があります。

GitHub Pagesについて

GitHub Pagesで個人として作ることのできるサイトは ユーザページサイト(User Pages site) と プロジェクトページサイト(Project Pages site owned by a user account) の2種類があります。

ユーザページサイトのURLはhttps://ユーザ名.github.ioとなり、プロジェクトページサイトのURLはhttps://ユーザ名.github.io/リポジトリ名(プロジェクト名)となります。

うだうだ書きますが、公式ページを見れば一発です

ユーザページサイトを作成する場合

ユーザページサイトを作成する際は、 ユーザ名.github.io という名前のリポジトリを作ります。それだけでサイトのデプロイは完了です。試しにリポジトリのルートディレクトリにindex.htmlを作成して、https://ユーザ名.github.ioにアクセスするとindex.htmlの画面が表示されます。

ユーザページサイトは、 ユーザ名.github.ioという名前のリポジトリmasterブランチ が公開ディレクトリとなります。現時点でこれを変更することはできません。

また、ユーザ名.github.ioという名前のプロジェクトを作成すると、自動的にGitHub Pagesとして公開されます。現時点でプロジェクトを削除する以外に公開を停止する方法はありません。

このサイトはユーザページサイトとして作成しています。GitHub上のプロジェクトは https://github.com/taikii/taikii.github.io です。

プロジェクトページサイトを作成する場合

プロジェクトページサイトは任意の名前のリポジトリから作成できます。プロジェクトページのSetting -> GitHub Pages のSourceNoneからそれ以外に変更することでプロジェクトページサイトが作成されます。

プロジェクトページサイトの公開ディレクトリは3種類+1から選択できます。

  1. gh-pages branch: gh-pagesブランチを公開ディレクトリとする
  2. master branch: masterブランチを公開ディレクトリとする(ユーザページサイトと同じ)
  3. mastar branch /docs folder: masterブランチの/docsフォルダーを公開ディレクトリとする
  4. None: GitHub Pagesとして公開しない ※デフォルト

1. gh-pages branch

既存のリポジトリ(普通にソースを置いているようなリポジトリ)をGitHub Pagesとして公開する場合に使用することになると思います。きっと次の様に思うことでしょう。

リポジトリと同じ名前のURLで公開したい、でもソースの中にHTMLファイルを配置したくないし、HTMLファイルを更新したコミットログを混ぜたくない。

gh-pagesブランチは大体において--orphanで作ります。

git checkout --orphan gh-pages

orphanとは孤児のことで親を持たないブランチが作成されます。これで既存の開発用コミットツリーとは無関係にサイトの管理ができるようになります。

gh-pagesブランチを作る上でいくつかの注意点があります。

2. master branch

masterブランチが公開ディレクトリとして設定されます。GitHub Pagesとして公開することを目的として作ったリポジトリの場合はこれがよいでしょう。わざわざgh-pagesブランチを作成する必要はありません。

3. mastar branch /docs folder

既存のリポジトリで、/docsにマニュアルなどのHTMLドキュメント類を含んでいてそれを公開したい場合はこれになると思います。また、Hugoのような静的サイトジェネレータで生成したHTMLファイルを/docsに出力している場合はこれでしょう。

Hugoの公式マニュアルでは、この/docsを使ってプロジェクトページサイトを公開するのが最も簡単な方法と述べられています。

今回はこの3のmastar branch /docs folderを例にして説明します。

Hugoでサイトを作って公開する

Hugoについても、公式ページを見れば一発です

HugoリポジトリのReleasesから自分の環境に合わせてた最新版をダウンロードしてきます。私の環境はWindowsなのでhugo_0.30_Windows-64bit.zipをダウロードします。

適当なディレクトリに展開し、めんどくさいのでパスを通しておきます。

hugo new siteでHugoのサイトを作ります。以下の例ではD:\gitrepos\gh-pages-exampleというディレクトリにサイトを作ります。

$ mkdir D:\gitrepos
$ cd /d D:\gitrepos
$ hugo new site gh-pages-example
Congratulations! Your new Hugo site is created in D:\gitrepos\gh-pages-example.

Just a few more steps and you're ready to go:

1. Download a theme into the same-named folder.
   Choose a theme from https://themes.gohugo.io/, or
   create your own with the "hugo new theme <THEMENAME>" command.
2. Perhaps you want to add some content. You can add single files
   with "hugo new <SECTIONNAME>\<FILENAME>.<FORMAT>".
3. Start the built-in live server via "hugo server".

Visit https://gohugo.io/ for quickstart guide and full documentation.

$ cd gh-pages-example

以下の様なフォルダ構成となっています。

$ tree /f .
D:\GITREPOS\GH-PAGES-EXAMPLE
│  config.toml
│
├─archetypes
│      default.md
│
├─content
├─data
├─layouts
├─static
└─themes

ここで、GitHub上に同じ名前のリポジトリ(今回の例ではgh-pages-example)を作っておき、Git管理対象としておきます。

$ cd
D:\gitrepos\gh-pages-example
$ git init
Initialized empty Git repository in D:/gitrepos/gh-pages-example/.git/
$ git remote add origin https://github.com/taikii/gh-pages-example.git
$ git fetch origin

また、Hugoは何かしらテーマを入れないと何も表示されません。テーマはHugo Themes | Complete Listにたくさんありますが、今回はかっこいいLiquoriceを入れてみます。(今回はHugoのサイトディレクトリをGitで管理しているため、git cloneではなくgit submoduleにします。)

$ git submodule add https://github.com/eliasson/liquorice.git themes/liquorice

Hugoはサーバ機能がついており、HTMLに変換していない状態で出来栄えを確認できます。新しいコマンドプロンプトウィンドウを開きhugo server -t liquorice -w -Dを実行して放置します。

$ cd /d D:\gitrepos\gh-pages-example
$ hugo server -t liquorice -w -D
Started building sites ...

Built site for language en:
0 draft content
0 future content
0 expired content
0 regular pages created
6 other pages created
0 non-page files copied
0 paginator pages created
0 tags created
0 categories created
total in 5 ms
Watching for changes in D:\gitrepos\gh-pages-example\{data,content,layouts,static,themes}
Serving pages from memory
Running in Fast Render Mode. For full rebuilds on change: hugo server --disableFastRender
Web Server is available at http://localhost:1313/ (bind address 127.0.0.1)
Press Ctrl+C to stop

ブラウザで http://localhost:1313/ にアクセスするとサイトを確認できます。まだなにも記事を作っていのでタイトルだけ表示された状態です。

新しい記事を作成してみます。

$ hugo new posts/hello-hugo-world.md
D:\gitrepos\gh-pages-example\content\posts\hello-hugo-world.md created

表示されたパスのファイルをテキストエディタで開くと以下のようになっています。

---
title: "Hello Hugo World"
date: 2017-10-13T20:33:56+09:00
draft: true
---

---で囲まれた内容はYAML形式で書かれたメタデータです。Front Matterといいます。---ではなく、+++で囲むとTOML形式、{ }で括るとJSON形式で書くことができます。(Front Matterの詳細についてはHugo | Front Matterを参照してください。)

このFront Matterにはファイル名から自動生成したタイトルと記事の日時、ドラフトであることを示すdraft: trueがあります。

Front Matterの下に記事を書いていきますが・・・ちょっとまって!!

文字コード 改行コード
UTF-8 Lf

で書きましょう。改行コードはぶっちゃけどうでもいいですが、初期値がLfなのでLfで統一しましょう。

---
title: "Hello Hugo World"
date: 2017-10-13T20:33:56+09:00
draft: true
---
ほげほげ

## ふがふが
はげはげ

(また髪の話してる・・・。)ブラウザのページを見ると記事が表示されていることが確認できます。あとは適当にMarkdown記法で記事を書きます。記事が書けたら、Front Matterのdraft: trueを削除しておきます。

次にconfig.tomlを編集します。デフォルトはTOML形式ですがYAML、JSON形式でも書けます。(HugoのコンフィグについてはHugo | Configure Hugoを参照してください。)

これもUTF-8で編集するようにしてください。baseURLlanguageCodetitleを適切なものに変更します。

baseURL = "https://taikii.github.io/gh-pages-example/"
languageCode = "ja"
title = "Hugo Example"
publishDir = "docs"

config.tomlの変更は自動的には反映されません。一度hugo serverCtrl+Cで停止して、再度起動し直してください。また、config.tomlbaseURLにサブディレクトリ/gh-pages-example/を含むURLを設定したので、http://localhost:1313/だと見れなくなっています。http://localhost:1313/gh-pages-example/にアクセスしてください。

ここまでできたら、hugoコマンドを実行してHTMLファイルを生成します。

$ hugo -t liquorice
Started building sites ...

Built site for language en:
0 draft content
0 future content
0 expired content
1 regular pages created
8 other pages created
0 non-page files copied
0 paginator pages created
0 tags created
0 categories created
total in 45 ms

docsフォルダーが作られて、その中にHTMLファイルが生成されているのが確認できると思います。では、コミットしてGitHub上のmasterブランチにPushしましょう。

$ git add .
$ git commit -m "Initial commit"
$ git push --set-upstream origin master

GitHubのリポジトリ上に/docsフォルダーが作成されたため、設定画面を確認するとmastar branch /docs folderが選択できるようになっているはずです。これを選択して少し待ちます。

指定のURLをブラウザで開いてみると、見事にサイトが表示されているはずです。

その他解説

テーマごとのコンフィグ

上記でconfig.tomlで指定した設定はHugoの基本的なものですが、テーマごとにconfig.tomlに追加の設定項目が存在します。これについてはそれぞれのテーマの公式サイトを確認して下さい。

コンフィグへのテンプレートの指定

config.tomlに以下の行を追加することで、hugo serverコマンドやhugoコマンドを実行する際に-tオプションでテンプレートを指定する必要がなくなります。

theme = "liquorice"

タグ、カテゴリ

記事のヘッダにcategoriestagsを書くことで、カテゴリやタグを使用できます。タグもカテゴリも複数指定できるため、あまり違いは無いように思います。また、それぞれが使用できるかどうかはテンプレートによって決まります。

---
title: "Hello Hugo World"
date: 2017-10-13T20:33:56+09:00
categories = [ "hoge" ]
tags = [ "fuga", "foobar" ]
---

最後に

自分がつまづいた所をなるべく書いたつもりです。これからHugoを始めようと思っている方の足しになればと思います。

 Hugo 構築

  1. Auto Deploy Hugo by Circle CI 2.0
  2. Build Site by Hugo
  3. Jekyllに対するHugoの優位点
comments powered by Disqus