GitlabがMermaidをサポートした話


先日GitLab 10.3がリリースされましたが、その中でMermaidをサポートされるようになりました。

MermaidはJavaScriptのチャートを作成できるライブラリで、私はこれを気に入ってよく使っています。以前RedmineのMermaidプラグインを作ったりしました。

GitLabは以前よりPlantUMLをサポートしていましたが、私はUMLに準拠したドキュメントを書ことがほとんどないので、UMLとはいえないゆるい図を書けるMermaidはすごく重宝しています。見た目もきれいですしね。

また、AtomにはMermaidグラフを書くことができるパッケージ(Markdown Preview Enhancedとか)もあるので、AtomでMermaid入りのMarkdownを書いて、それがGitLab上でも同じように見えるのは嬉しいですね。

しかし、GitLabの開発ペースは本当に速いなぁ。

comments powered by Disqus