Thymeleafで言語別フィールドをカッコよく表示する


日本語名カラムと英語名カラムを持つテーブルってよくあるじゃないですか。…よくありますよね?まぁよくあるとして、それを画面表示する際にユーザのロケールによって切り替えたい。カッコよく。そんな試行錯誤のメモです。

TL;DR

1
<p th:text="${item[#messages.msg('i18nfields.name')]}"></p>

やっていき

Spring Boot 2.1.x です。

こういうクラスがあったとします。名前フィールドがnameEnnameJaに別れてます。これをうまいことユーザのロケールによって切り替えて画面に表示させたいわけです。

ちなみに、私は「そもそも」と言われるとしんでしまいます。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
@Entity
public class Item {
  @Id
  @Getter
  @Setter
  private Integer id;

  @Getter
  @Setter
  private String nameEn;

  @Getter
  @Setter
  private String nameJa;
}

普通に考えると、条件分岐でしょうか。

1
<p th:text="${#locale.language == 'ja'} ? ${item.nameJa} : ${item.nameEn}"></p>

でも、私はif文を書くとしんでしまう体質だし、三項演算子書いたら三項演算子警察にころされるじゃないですか。

ていうか、こんな事やってて別のロケールフィールドが増えたらどうすんじゃいって感じだし、固定のフィールドと言えどもResourceBundleであるところのメッセージプロパティと同じように扱いたい。

で、ちょっと思ったんですけど、Thymeleafってオブジェクトのフィールドを${item.nameEn}のようにドットを使った記法で取得する他に${item['nameEn']}のように角括弧を使って取得することもできるんですよね。角括弧の引数は文字列なので、これを変数で渡してやれば取得するフィールドを動的に切り替えることができるはずです。

余談ですが、対象のオブジェクトがMapの場合も${map['key1']}でも${map.key1}でも取れますね。GetterでのアクセスなのかMap#get()なのかView側では意識することなく扱えるってことですねー。Rubyっぽいっていうか。よく知りませんが、最近のテンプレートエンジンはみんなこんな感じなんですかね?

https://www.thymeleaf.org/doc/tutorials/3.0/usingthymeleaf_ja.html#%E5%A4%89%E6%95%B0

結局やりたいのは固定フィールドもメッセージプロパティと同じように取り回ししたいということなので、じゃあ角括弧の引数はメッセージプロパティから取ればいいじゃんと思いました。

messages_en.properties

1
i18nfields.name=nameEn

messages_ja.properties

1
i18nfields.name=nameJa

通常Thymeleafでメッセージを表示する場合は#{i18nfields.name}のような構文で記述しますが、#messagesオブジェクトを使って${#messages.msg('i18nfields.name')}のように記述することも可能です。角括弧の引数に直接メッセージを渡す場合は#messagesオブジェクトを使う必要があります。

1
<p th:text="${item[#messages.msg('i18nfields.name')]}"></p>

#{i18nfields.name}構文で書きたければ、一旦変数に入れてから渡します。

1
<p th:with='x=#{i18nfields.name}' th:text="${item[x]}"></p>

また余談ですが、ドットを使った記法だと、${item?.nameJa}のようにオブジェクトの後ろに?を付けることで、対象オブジェクトがNullでない場合のみGetterを呼び出す…というかメソッドチェーンを実行することが可能ですが(Null安全?)、角括弧を使った記法だとこれはできません。オブジェクトがNullになる可能性がある場合は愚直にNullチェックする必要があります。

これがスマートかって言われるとそうではない気がしますし、みんなどうやってるのか知りませんが、多少は格好がついたのではないかと思います。カッコなだけに。